社会福祉法人 ル・プリについて

社会福祉法人ル・プリは、2017年4月1日にスタートした法人です。
まずその名前の由来を述べたいと思いますが、《ル・プリ》LE PLI は、フランス語で、襞(ひだ)のこと、英語のプリーツに当たるものです。
襞(ひだ)の特徴的なイメージの一つは、しわとしわが折り畳まれて、どこが内か、どこが外かよくわからないところがあるというものでしょう。今の福祉の仕事の中心的な課題もこれに似ています。ある課題を取り上げたとき、これは自分(たち)の問題、これは家族の問題、これは地域の問題、これは社会の問題というふうに、分ければ分けることができますが、それよりむしろ、どこをとっても、たくさんの要素が折り重なって現れるところに、この仕事の現在の難しさと面白さがあると考えられます。わたしたちは、これは向こう側のこと、これだけは自分がやることという感じではなく、この、内でもあれば外でもあるという、折れまがったところに立って、課題に向かって行き、その解決に当たりたいと思っています。
もうひとつ、襞(ひだ)を考えると、布のイメージがわいてきます。ひとは布に襞を作っては、身にまとうものにしてきました。実はこれも、わたしたちの福祉の仕事になぞらえられることができます。ある人との関係では、布でくるむような形で関係を互いに維持しなければならないことがあるでしょう。また、別の人との関係では、その人が自分について、きちんとした折り目がつけられるようにしていくことが課題となる場合もあることでしょう。その形はもっと様々にあると思いますが、いずれにしてもわたしたちには、ていねいに襞(プリーツ)を作り(使い)ながら、ともにある(Being-with)という実践が求められていると考えます。 
この法人は、こうした考え方と感じ方に則って、支援の形を作っていきたいと考え、《ル・プリ》という名前を採用しました。

《ル・プリ》は、「くるみ会」、「試行会」、「杜の会」として、横浜市の各地域での実践を通じて、それぞれ成果を出してきた現場が統合されたものです。つまり《ル・プリ》は、この三法人が一緒になることによって生まれた新たな法人です。この統合によってわたしたちは、単に規模を大きくしたということではなく、支えなければならない人への支援を、より高い水準で充実させたいと念願しています。また、そのことはおそらく、個々の人を支えるだけではなく、地域や場所との新たな関係を作っていくことでもあると予想し、その具体化をなす準備をしています。
最後に再度《ル・プリ》が襞(ひだ)であるということに戻れば、先に述べた三法人の諸成果と諸課題をふまえたうえで、新しいフェーズでの実践に向かうために、襞(ひだ)のような折り重なりを作り、互いに互いを包み込みながら、自らの組織を作っていきたいと思っています。皆様の変わらぬご支援、また新たなご支援をお願い申しあげます。

新着情報

もっと読む

理事長の部屋